スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■週刊 ロボゼロ 15(6/7号)

●右のショルダーが入りました

blog_import_4de90caba2f67.jpg



スポンサーサイト

■マイクロネジ取扱店(神奈川県西部)

●マイクロネジ取扱

▼たまたま行ったホームセンターで売っていたので

φmm x 長さmm(ピッチは不明)
1 x 2
1 x 3
1 x 3.5
1.2 x 2
1.2 x 3
1.2 x 4
1.4 x 3
1.4 x 4
1.4 x 7.5
1.7 x 4
1.7 x 6
1.7 x 8

こちら→ロイヤルホームセンター相模原橋本店

神奈川県西部エリアで売場面積は最大かも
(ネジはたまたまあったけど)全体的に部材商品のラインナップはイマイチ


■週刊 ロボゼロ 16(6/14号)

●今月の付録はヒザ

20110606ROBO_XERO_16.jpg
▲両膝そろいました

2重関節とか意味なさそう・・なのだけど
同時に2個のサーボが動くのであれば、稼動角が2倍・・つまり加速度がPU↑
多分、ジャンプとかができるようになるってスンポー??


■ボディ制作編 『クレーモデル』

●ボディ制作編 『クレーモデル』

blog_import_4de90c8b95c1c.jpg
▲発泡スチロールでおおまかなデザイン

上肢のサーボは、上部を基点に45度くらい底部を前に持ち上げました
(ああ、ガンダムのエアダクトだ...)
ぜんぜん萌えません(いけると思ったけど全然いけませんでした)

ので、オーソドックスにおっぱい化(←芸がない)


下肢のサーボはムキ出しのまま後方にスイングさせました
サーボ上面を隠すため、腹のラインを延長したところ上手い具合に『下腹部』の面が生まれました
考えていたわけではなく、まったくの偶然だったためこれは超ウレシイ!
実際、可動させてみないとわからないけど(多分)イメージだと太ももの動きは干渉しないと思います
(リアルロボットアニメなんかだと股間処理がけっこう鬼門っぽい気がするので・・・)
もし干渉するようだったらスク水のライン取りをして更に太もものクリアランスを確保します

まぁ(少女というか)少年っぽいボディにしたかったので、かなりイメージと離れてしまいましたが
このへんは、サーボの小型化など上手い方法を勉強してリファインします

≪メモ≫
・股関節のサーボは回転軸のピッチ角をかなり寝かせたのでノーマルの歩行プログラムでは歩けない
・ボディの素材は『レジン』がベストか?

blog_import_4de90c8ca6fd9.jpg
▲サーボモーターのダミー

発泡スチロールモデルがほとんど『願望の産物』なので、現実にはできない可能性があります
そこでサーボモーターのダミーを埋め込んでデザインに破綻がないか確認します
ダミーは6個作りました


blog_import_4de90c8dc6938.jpg
▲ダミーを埋め込んでクレイモデルを作る

肉感が強い割りに肉薄で、サーボのエッジ部分は1mmくらいしかありません
スク水の縫合線を軽くつけたらそ、乾燥による引けで薄肉部分が裂けてバラバラになってしまいました
木工用ボンドでようやく復元


blog_import_4de90c8ebe95c.jpg
▲カラーリング

なんとか巨乳で『広い肩幅』と『ガンダムのエアダクト』をごまかせました(はぁ~)
安心して眠れる・・・
ウエストと背中も、やっとサーボ1個ぶんの太さに収められました

ボディ正面がフレーム、ボディ側背面がメンテナンス用のフタになります
首から股にかけて背骨のような太い骨格が作れそうな感じです(ラッキー!)

≪メモ≫
・正面フレームに逆テーパーがあるため2分割のシリコン型だとレジンが抜けなくなる
・背骨へのサーボの固定方法を検討する


あ~でもぜんぜん雛じゃないなあ~(まぁこんなもんでしょう)




■ヘッド作編 その3 【ヘッドフレーム】

●ヘッド作編 その3 【ヘッドフレーム】

20110608XERO改_01
▲フレーム試作品

ベース素材は塩ビ配管の継ぎ手ソケット
クレイモデルに合わせてそれっぽくカット
この段階で高さ2mからコンクリートへの落下テスト・・・大きく跳ね上がりました
強度十分です(頭部以前にロボット本体が壊れます)

≪メモ≫
・フレームは軽量化のため更に削り込んで、ロボット本体くらいまで強度を下げる

20110608XERO改_03
▲・・・おまえは誰だ

フレームの試作品にマスクをハメてみました
大きさはほぼ一致、簡単な修正で入りました
いい感じです、このまま本番に入れたらいいです

20110608XERO改_04
▲前髪装着

プラ板で作ったらかなりの軽量化が図れそうです
はやく作りたいな~

20110608XERO改_02
▲塩ビ管のキレイな穴あけのための自作バイス

手ではキレイな円に切れないのでボール盤を使う予定
粘りのある素材なのでハネられると大怪我しそう・・・ということで即席バイスを製作

20110608XERO改_05
▲穴あけ完了

・・・この作業、冗談ナシにかなり危険な作業です
『自在』という直径を変えられるドリルで穴をあけるのですが、
母材(塩ビ)の特性というか、かなりねばりのある素材なので刃が滑らずに、塩ビが刃にまとわりつきます、
ボール盤(ドリル)のパワーが小さければドリルが止まっておしまいですが、パワーが大きいと刃が割れます!

作業中の恐怖心がハンパないです、、、

20110608XERO改_06
▲ヘッドフレーム完成

放熱ダクトの枠をマウントしました
キレイなRが描けず、かなりスキマがあります(まぁいいかぁ~)
細かい修正は、フェイス原型を作りながら行います




【完】


■サーボノイドあいたん01

●『男のロボット部掲示板』にスレ立依頼したら立ちました→【コチラ】
(掲示板担当の方、校正ありがとうございました)
脈絡の無い文がちゃんとした文章に生まれ変わっておりました

しかし、投稿文に設計図?なる画像データをUPしたのですが、著作権うんぬんでアウト!掲載されませんでした
かなり規制があるようです
以前、広告代理店がガンダムの絵や表記をすると日本サンライズに莫大な著作権料を支払うことになるという話を聞いたことがありますが本当みたい、、かなりナーバスな印象を受けました

20110610サーボノイドあいたん01
▲これがその掲載されなかった画像

ここらへん『遊び』でやっているユーザーと『ビジネス』でやっているデアゴスティーニの意識の乖離があります
互いの権利をキチンと守るというのが出版業界の仁義ってことなのだと思いました
あっ、名前はいつの間にか『仮称:サーボノイドあいたん』に決定しております


▼規制その2

続いてヘッドフレームを製作するのに、コントロールボードの大きさが知りたくて
情報を求めるレスをつけたけど、掲載通知メールには以下の文言が書かれていました

-----------------------
【一部内容削除の理由】
この度ご投稿いただきました「コントロールボード」のスペックを教えて欲しいという内容につきまして、
弊社商品、本誌内容、組み立て等についてのお問い合わせ、ご意見、ご指摘等は全て読者サービスセンターにて承っておりますので、残念ながら
当方からの返答、及び掲示板への投稿を削除させていただきます。
ならびに関連するコントロールボードの画像も削除させて頂きますがご容赦下さいますようお願い致します。
お客様のメールを担当部署に転送することも可能ではございますが、昨今は個人情報の取り扱いが大変厳しくなっておりますので、大変お手数とは存じますが、お客様ご自身で再度読者サービスセンターへの
お問い合わせをお願い致します。
-----------------------


▼ちなみに掲載されなかった画像と文言はコレ

-----------------------
しかし(現在の号までで)コントロールボードの大きさが分りません
ご存知の方、いらっしゃいますか?
知りたいスペックは
①最大幅
②突起幅
③最大奥行き(スイッチ含まず)
④突起部奥行き
⑤基盤の厚さ
⑥基盤上部クリアランス
⑦基盤下部クリアランス
⑧測定誤差
知っている方、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
20110610コントロールボード
-----------------------



▼アドバイスに従い読者サービスセンターへ凸

私:かくかくしかじか、教えてください(爆)
担当:まだわかりません(要約)

でも担当の女性はとても親切で真摯にこちらの要望を受け止めて下さいました
『少ない言葉で相手の質問の主意を正確に把握する特殊能力』の使い手です
そして「スペックが分り次第お電話でお知らせします」とのことです

デアゴスティーニ、なかなかいいサービスです!気に入りました
勤務時間が終わる寸前に電話なんかしてくんなゴルァなどという(某社のような)雰囲気は微塵も感じさせません
この電話を担当してくださったオペレーターがもし契約社員だったら正社員にしてあげてください!
ボーナス増やして上げてください社長!聞いてますか!?

▼コントロールボードの寸法が判明したら

ここでUPしますので知りたい方はここにブックマークを!

▼本日2011/7/10であります

デアゴスティーニに電凸して1ヶ月が経ちました
依然、連絡はありません・・・
コントロールボードの大きさも不明です、、、

ネット上にコントロールボードのスペックは流出してませんが、次の写真がありました
JO-ZERO TYPE2のコントロールボードです

20110610コントロールボード1
 
これにmicroSDカードのスロットが写っていたので

20110610コントロールボード2

これで大体の大きさが分りました

①最大幅 → 63mm
②突起幅
③最大奥行き(スイッチ含まず) → 41mm
④突起部奥行き
⑤基盤の厚さ
⑥基盤上部クリアランス
⑦基盤下部クリアランス
⑧測定誤差 1cm前後

思ったより全然小さかったので、OKです!
機は熟しました!
ヘッド、製作開始します!!


■ハンドユニットあいのて その1 【クレイモデル】

●ゴッドハンドというロボット用のスゴイ“手”がある!!!!

▼ハンドユニットを作ってしまう猛者たち、、

男のロボット部に『塩ビ板』でハンドを作った人が何人かいて、
スゲ~!と感嘆しながらも、ああこんなのもハンドメイドで作れてしまうんだ・・・と

たしかロボゼロの姉妹モデルの『JO-ZERO』というロボットにはハンドユニットがなく、
ネット上では意外と関心がたかいみたいです


正直言ってロボゼロ『アイアンクロー形状がイマイチ好きになれないので、これを機会に白のプラ棒を削りだして、
自作しようとネットで情報収集すること10分、、、コレを発見しますた!!ああぁ、すごすぎ、、めまいがする

20110911手_01

@▽@でも高すぎw

ナガト>作ればいい



・・・というわけで似非(えせ)ゴッドハンド製作します!

■あいのて製作 その1 【クレイモデル】
20110611XERO改_01
▲クレーモデルVer.1

ナガト>・・・これはひどい

わたくし正直申しまして“手”をなめてました
中略・・・
手は“人格”であり“心”であり“魂”をもっていました
映画監督の黒澤明を思い出しました


■あいのて・リモデル

20110611XERO改_02
▲クレーモデルVer.2

というわけで作り直しました
コンセプトは『天使の手』です
ゴッドハンドより『優しい手』を目指します

20110611XERO改_03
▲クレーモデルVer.2
動作はワイヤーアクションを想定

メカニズムはゴッドハンドとほぼ同等ですが、アクションは、、ワイヤーを指の背側を通すため
“引き”→“開く”
“送り”→“握る”、、となり、ゴッドハンドとは逆の動きになります
ワイヤーは現段階では『ピアノ線』か『光ファイバー』を予定

■エンゼルクロー最終案

20110611XERO改_04
▲クレーモデルVer.3(デザイン微修正)
指と手首が連動する機能を追加、ソレに伴い手首のデザインを変えました
手の甲には有機的な隆起をモールド、これはパテで造形するか、ハンマーで叩き出すか、、、現在考え中

20110611XERO改_06
▲クレーモデルVer.3 ワイヤーワークを単純化
転倒破損からのリカバリを想定した場合、ギミックが複雑だと修復時間がかかりすぎると考え
アルミパイプを手の甲の中まで延長させ、ギミックを簡素化・剛性化しました

20110611XERO改_05
▲クレーモデルVer.3 てのひら
親指の付け根にタコを作りました
特に理由はないですが、なんとなくあったほうが機能的ではないかと思って



■サーボノイドあいたん02

●PHOTO SHOP で合成

20110620XERO改
▲JO-ROBOにクレーモデルを合成

まぁこんな感じに完成したらいいなぁというわけであります


■週刊 ロボゼロ 17(6/21号)

●ロボゼロ 17(6/21号)
この号は、通販で購入
号のふろくは『足』 


20110625ROBO_XERO_17.jpg
▲これで両足がそろいました

定期購読ではないけど、パッケージには定期購読者得点の文字が印刷されていて
写真下のマグネットトレーがついていました

なかなか気の利いた号ですね
これはこれで便利です


■週刊 ロボゼロ 18(6/28号)

●ロボゼロ 18(6/28号)
この号は、通販で購入
号のふろくは『サーボ』 → 少なくてなんか寂しい

20110626ROBO_XERO_18.jpg
▲サーボにホーンを付けただけ

作業時間30秒

こういう構成、モチベーション下がりまくり
なんか勘弁して欲しい、、、
早めにコントロールボード渡して、部分部分で制御を楽しむとか、
制御ソフトをダウンロードできるようにして、制御を予習できるようにするとか、、


■週刊 ロボゼロ 19(7/5号)

●ロボゼロ 19(7/5号)
この号は、通販で購入
号のふろくはサーボブラケット+ブラケット+スタンドフォーク → なんか今回は多いな!!

ちゃっちゃとサーボブラケットをつける、、、

ナガト>ケーブルを引き出す場所が逆

20110630ROBO_XERO_19.jpg
▲できますた!

今回は(途中組み立てミスでのやり直しを含め)20分くらい楽しめた内容です
なかなか楽しかった
しかし、こんなくどすぎる組み立て図を掲載しながら、それでも組み立てを間違える私みたいな読者を相手に
きっと電話対応は大変なことになっているのだろうなぁ~


■スポンサー
■ロボット通販


■カウンター
カウンタ → 

現在の閲覧者数 → 
■更新履歴
05 ≪ 2011/06 ≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
■サーボノイドあいたん
■カテゴリ
■ロビ
▼サイト内検索
■最新コメント
■ショートカット
▼ヴィストン楽天ショップ
■関連リンク
▼エンジョイ工業(ブログ)
専門用語をあまり使わない初心者に優しいロボゼロ関連サイト。電気回路の基礎はここで学びました
▼ROBOMIC(ブログ)
ロボゼロフリークにとって絶対的存在ソフトウェア神の運営するブログです。降臨が続く限りロボゼロの進化は止まりません
▼ぱぱっちの私事
ロボゼロ進化のお手本がここにあります。
他の追随をゆるさない完成されたデザインが圧巻です
▼デアゴ掲示板
ロボゼロの掲示板
カコキには登録が必要

▼2ch掲示板
ロボゼロの掲示板
希に重要な情報あり

▼デアゴ特設ページ
ロボゼロWebサイト

▼JO-ZERO Type2
ロボゼロの兄弟機種
同一のコンポーネントのロボット

月別アーカイブ
ヤフーショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。