■週刊 ロボゼロ 32(10/4号)

▼頭部のコントロールボードの位置まで、サーボのケーブルが届きません

いままで、なんの考えなしに買いだめした30センチケーブルのサーボを臨機応変に使っていましたが、
これが足りなくなったところで、、なんか“ケーブルの短いサーボ”がいっぱい余ってる・・・という状況に

そんな時ぞのためにJO-ZEROジャンクを買っておいたのだ!

ナガト>考えていなかったな?

いいえ、考えていましたとも!


▼コントロールボードをヘッドに移動したことが原因

背中から頭部に移動したことで、ケーブルが5~7センチほど足りなくなりました
長さに余裕があったサーボは問題ないですが、ギリギリだったものはぜんぜん届きません
ゆくゆくは、ケーブルの新調が必要ですが、コネクタの規格がわからないので
そのうち現物を持ってアキバに行ってきます

股間のI/Oポートのパーツも必要だし、
ロボットショップなるものにも行ってみたい


20111002左肩装着01
▲入手したJO-ZEROのサーボを流用

JO-ZEROのジャンクから30cmケーブルのものをもってきて左肩につけました
スペックは、ケーブルが3色になっていますが、それ以外はロボゼロのものと同じです

20111002左肩装着02
▲胸のサーボが崩壊寸前

ボディ原型作りのハードワークに耐え切れず
溶接(アルミット)がはがれました
ビス止めもなんかガタが出てきてちょっとヤバゲです



コメントの投稿

非公開コメント

フレーム制作に関して

>ボディ原型作りのハードワークに耐え切れず
 溶接(アルミット)がはがれました
 ビス止めもなんかガタが出てきてちょっとヤバゲです

こちらのお店のご利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

「板金工房」
http://www5.ocn.ne.jp/~shisaku/

金属部品の穴あけ、折り曲げ加工等を部品一個からの単位でやってもらえるようです。

こういうお店の存在知りませんでした

管理人のメンデルです

41さんこんにちは
アドバイスありがとうございます

▼感謝します!とても有用な情報です!!
ありがたいです
今、アルミ材を削りだして足を製作しているのですが、
同一のブラケットを4個つくるのにあたり『微妙に寸法がズレる』という技術的な壁にブチ当たってました
1mm以内1度以内のわずかな誤差なのですが、(歩行ともなると)上半身で1センチ以上の大きな“ゆれ”になるのではないかと思われます

「歩くことさえままならない・・・」なんてことを避けるため修正をかけているのですが
修正をかける度にどんどんパーツが小さくなっていく始末・・・最悪です
時間をかけて自分の加工技術を向上させるしかない・・・と半ばヤケクソ状態で出口の無いトンネルを突き進んでましたが、
一気に出口が見えた感じです
図面は書いたことが無いのですが、コレを機にチャレンジしてみます

▼ひとつの謎が解けました
ドルフィーロボットの作者がDiaryの中で『図面ができた』とか『パーツが届いた』とか言っていたのは、このことだったんですねきっと
この作業所、私みたいなシロウトでも受け入れてもらえそうな気がします

▼胸のサーボブラケット
サーボブラケットは可動ギミックに流用できるタイプのものを考え中
なのでこちらの製作を依頼はまだまだ先の話になると思います

No title

お久しぶりです。一文字です。
製作にだいぶ苦労してるようですね。私もハンドユニット4つ製作してますが
いまだに満足できるものがなく、四苦八苦してます。
やはり握るというアクションは難しく、親指が邪魔になるので
親指のワイヤー駆動は考え直そうかと思ってます。
ところで話は変わりますが、この間フジテレビONEで「ばら・す」という番組で
MANOIを製作者自らが解体しているのがありました。
「SIN・WALK」させるための工夫などためになる内容でしたよ。
ロボット製作する人なら必見の番組でした。

ググっているうちにハッピーになってきました

管理人のメンデルです

一文字さん、こんにちは
私の方も、ハンドユニット行き詰っています
現在、駆動ワイヤーを再び“形状記憶合金”に戻す作業をしています

▼あ~ありがとうございます!!
番組は見逃しました><。。
マノイは知ってます
ロボットを完成させるのは無理と思っていたので、完成品のマノイの購入は本気で検討していました
値段的にちゅうちょしていたときにロボゼロが発売になってコッチに流れました

▼シン・ウォーク、ググってみました
マノイとかエマとかFTの歩き方がスムーズなのは気になっていたのですが、ヒザを伸ばした歩行のアルゴリズムが確立してるってことが分りました
http://robonable.typepad.jp/trend/2007/08/post_2e9a.html
既に存在しているってことは、物理的には可能だということで一筋の明光というか、なんか希望が持てます
デフォルトの歩行データがでは歩けないので、なんとかマノイの歩行をコピーしたいです
マノイがロボゼロと同じ6軸っていうのもなんか嬉しくなります

▼マノイの開発者
マノイという“神”玩具は知っていましたが、今回“神”は開発者の方だったと知りました
自分にとって“手塚治虫曲線”がツボなので、マノイとかFTとかストライクゾーンのド真ん中です
頭身数やデザインの考え方も共感です

モーション作成の方向性が定まりました
感謝です!!
とてもいい刺激になりました
アドバイスありがとうございました
■スポンサー
■ロボット通販


■カウンター
カウンタ → 

現在の閲覧者数 → 
■更新履歴
07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■サーボノイドあいたん
■カテゴリ
■ロビ
▼サイト内検索
■最新コメント
■ショートカット
▼ヴィストン楽天ショップ
■関連リンク
▼エンジョイ工業(ブログ)
専門用語をあまり使わない初心者に優しいロボゼロ関連サイト。電気回路の基礎はここで学びました
▼ROBOMIC(ブログ)
ロボゼロフリークにとって絶対的存在ソフトウェア神の運営するブログです。降臨が続く限りロボゼロの進化は止まりません
▼ぱぱっちの私事
ロボゼロ進化のお手本がここにあります。
他の追随をゆるさない完成されたデザインが圧巻です
▼デアゴ掲示板
ロボゼロの掲示板
カコキには登録が必要

▼2ch掲示板
ロボゼロの掲示板
希に重要な情報あり

▼デアゴ特設ページ
ロボゼロWebサイト

▼JO-ZERO Type2
ロボゼロの兄弟機種
同一のコンポーネントのロボット

月別アーカイブ
ヤフーショップ