裏口からの作曲入門 第2章

【そうだPVを作ろう!DTM覚書】

ロボゼロが完成したのでPVのBGMを作ろうと、以前あきらめた“初音ミク”を再インストール
音楽経験ゼロではありますがDTMに挑んでます
ただ今、作曲(というか音楽)の基礎を勉強中

【テキスト】→裏口からの作曲入門「予備知識不要の作曲道」


■■ 裏口からの作曲入門 覚え書き  ■■

▼第2章 『コードパートを作る』  P~57


コード3つで曲が書ける・・・
といううたい文句で釣っておいて「じつはこんなコードもあるよ?」って感じでコードは水増しされます
・・・まぁ初心者は始めに高いハードルを示されると怖気づくので、考えによっては“うまい教え方”とも言えます

現在、、
“ハ長調”では3つのコードを覚えましたが、新たにまったく別のコードを覚えろ!
・・・というのではなく、既知のコードの亜種を「ついでに覚えてね?」となっております

ちなみに「ドミナント」とは、支配していること・優勢であることの意


▼ドミナント・モーション(P54)

“ドミナント”は、“トニック”への進行しかありません(←ルール)
また“ドミナント”は不安定で、“トニック”は安定であることから、(盛り上げておいて落とすという感じで)曲の最後にもってくる場合が多くなるようです
ところが、曲中に“ドミナント”がでてくると(ルール上)必ず“トニック”へ進行するため、曲の最後のフレーズが曲中に何度もでてくるようになりシマらなくなります

そこで、“トニック”や“ドミナント”のコードに少し変化をあたえ、曲中にでてきたドミナント→トニックとはちょっと違うコード進行を演出することができます

20121027裏口からの作曲入門_コード進行13
▲Cメジャースケール(ハ長調)

V7は、ドミナント(ソ・シ・レ)に+ファを加えた変則的なドミナントになります
“和音は1つ飛びの音と相性が良い”という法則に基づいて1音増やされたものというわけです
よく解りませんが、ギターのコードでナンチャラセブンというのがありますが、あれと似たものかもしれません

Iは、トニック(ソ・ド・ミ)ですが、本来“ド・ミ・ソ”であるべきです・・・
解るでしょうか??ドとミが、1オクターブ上がっているわけです
これも“アリ”なのだそうです

以下説明はしませんが(知りたい人はテキスト参照)、他にもいろいろなパターンがあります

20121027裏口からの作曲入門_コード進行14
▲Aマイナースケールのエンディングパターン


▼エンディングのパターン

エンディングのセオリーは、ドミナント→トニック ですが、サブドミナント→トニックもありです

前者は【全終止】、後者は【変終止】と呼ばれます

【全終止】ドミナント→トニック
より完璧な、竹を割ったような終わり方

【変終止】サブドミナント→トニック
みたいな~、的な~、ちょっとぼかした感じの終わり方



20121027裏口からの作曲入門_コード進行15
▲上がハ長調の全終止 下がイ短調の全終止

20121027裏口からの作曲入門_コード進行21
▲ハ長調の変終止

コメントの投稿

非公開コメント

■スポンサー
■ロボット通販


■カウンター
カウンタ → 

現在の閲覧者数 → 
■更新履歴
07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■サーボノイドあいたん
■カテゴリ
■ロビ
▼サイト内検索
■最新コメント
■ショートカット
▼ヴィストン楽天ショップ
■関連リンク
▼エンジョイ工業(ブログ)
専門用語をあまり使わない初心者に優しいロボゼロ関連サイト。電気回路の基礎はここで学びました
▼ROBOMIC(ブログ)
ロボゼロフリークにとって絶対的存在ソフトウェア神の運営するブログです。降臨が続く限りロボゼロの進化は止まりません
▼ぱぱっちの私事
ロボゼロ進化のお手本がここにあります。
他の追随をゆるさない完成されたデザインが圧巻です
▼デアゴ掲示板
ロボゼロの掲示板
カコキには登録が必要

▼2ch掲示板
ロボゼロの掲示板
希に重要な情報あり

▼デアゴ特設ページ
ロボゼロWebサイト

▼JO-ZERO Type2
ロボゼロの兄弟機種
同一のコンポーネントのロボット

月別アーカイブ
ヤフーショップ