▼バックパックに電圧モニタをつける 9

▼思ったより“普通”でした、、

リキ入れた割には普通でしょ?ていうか、こんなモンですハイ


20130329電圧チェック_01
▲これより仕上げ作業に入ります

さてさて、、原型に対し“複製”は、とにもかくにも精度が劣ります
どのくらい劣るかと言うと、『複製は、原型として使えないくらいダメなもの』と言えば伝わるでしょうか
そのくらいダメなんですね

例えば、型をとるシリコンは硬化時に少々ゆがみます
そして複製の原材料となるレジンも硬化時に少々ゆがみます
結果として、複製品は原型とは比べものにならないくらいダメな子になるんですね

なので“原型は極限まで高めておく必要がある”わけです
(まぁそこまでこだわるのは世界中で日本人とドイツ人くらいなものでしょうが・・・)


20130329電圧チェック_02
▲溶きパテ

まずは『溶きパテ』塗りです
溶きパテとは、文字通りパテを溶剤でどろっどろに溶かしたもので、製品として売ってます(タミヤ製)
ヤスリ跡とか、凹んでる所とかに入り込んで、凸っぱってる部分との差を小さくするのが目的です
が、しかし塗っただけではダメなんですね、、
なぜなら、凸っぱってる部分も塗ってしまうので差は同じまま
乾燥後に“紙やすり”をかけてはじめて高低差が小さくなるってスンポーです

20130329電圧チェック_03
▲よく見るとけっこう凸凹というかテキトーなのがバレてしまいます

ここで十分に“引け”るのを待ちます
溶きパテの質量のほとんどは“溶剤”です
溶剤は蒸発すればその分体積は減少します・・・これが“引け”です
十分引けていない段階で紙やすりをかけて平らにしても、翌日には埋めたはずの凹が復活してくるんですね

夏、30度を越えるような環境だと数時間で十分乾燥するのですが、
今の時分だと十分に乾燥させる必要があります

・・・というわけで、しばらくやる事がありません、、、何やろう
(なんかモーションはやりたくないw)

コメントの投稿

非公開コメント

■スポンサー
■ロボット通販


■カウンター
カウンタ → 

現在の閲覧者数 → 
■更新履歴
09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
■サーボノイドあいたん
■カテゴリ
■ロビ
▼サイト内検索
■最新コメント
■ショートカット
▼ヴィストン楽天ショップ
■関連リンク
▼エンジョイ工業(ブログ)
専門用語をあまり使わない初心者に優しいロボゼロ関連サイト。電気回路の基礎はここで学びました
▼ROBOMIC(ブログ)
ロボゼロフリークにとって絶対的存在ソフトウェア神の運営するブログです。降臨が続く限りロボゼロの進化は止まりません
▼ぱぱっちの私事
ロボゼロ進化のお手本がここにあります。
他の追随をゆるさない完成されたデザインが圧巻です
▼デアゴ掲示板
ロボゼロの掲示板
カコキには登録が必要

▼2ch掲示板
ロボゼロの掲示板
希に重要な情報あり

▼デアゴ特設ページ
ロボゼロWebサイト

▼JO-ZERO Type2
ロボゼロの兄弟機種
同一のコンポーネントのロボット

月別アーカイブ
ヤフーショップ