▼バックパックに電圧モニタをつける 14

▼シリコン型できました

レジンキャストで“最も手間がかかり、最も大変で、最も単価の高い”のが、このシリコン型の製作です
これ以降は、基本的に“チューニング作業”となり、ラクチンになります



20130617バックパック2_08
▲上のシリコン型は、はじめにつくった粘土の土台が(つまり)シリコンに置換されたもの

はじめにつくった粘土の土台が“重要”と言った意味がわかるでしょうか?
まんまシリコンに置き換わるので、たかが粘土ではありますが重要なんですね


20130617バックパック2_09
▲ゲートを切る

ゲートの切り方のコツは、『型内に発生した“気泡”をいかに上へ上へと逃がすか』を考えながらやること
ホワイトレジン(顔料調合ナシ)だと、リカバリはキレイにできるのですが、
カラーレジンでやると同じ色の再現は無理なので、気泡が残らないようなゲートを切っていきます

この後、レジンのテスト注入を行います
レジンの流れとか、気泡の残り方を見て、ゲートを修正していきます

コメントの投稿

非公開コメント

■スポンサー
■ロボット通販


■カウンター
カウンタ → 

現在の閲覧者数 → 
■更新履歴
09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
■サーボノイドあいたん
■カテゴリ
■ロビ
▼サイト内検索
■最新コメント
■ショートカット
▼ヴィストン楽天ショップ
■関連リンク
▼エンジョイ工業(ブログ)
専門用語をあまり使わない初心者に優しいロボゼロ関連サイト。電気回路の基礎はここで学びました
▼ROBOMIC(ブログ)
ロボゼロフリークにとって絶対的存在ソフトウェア神の運営するブログです。降臨が続く限りロボゼロの進化は止まりません
▼ぱぱっちの私事
ロボゼロ進化のお手本がここにあります。
他の追随をゆるさない完成されたデザインが圧巻です
▼デアゴ掲示板
ロボゼロの掲示板
カコキには登録が必要

▼2ch掲示板
ロボゼロの掲示板
希に重要な情報あり

▼デアゴ特設ページ
ロボゼロWebサイト

▼JO-ZERO Type2
ロボゼロの兄弟機種
同一のコンポーネントのロボット

月別アーカイブ
ヤフーショップ