3Dプリンタ・モデリング編③

■ 3Dプリンタのためのデジタル造形術 その1 ■

※本は、メタセコイア初心者向けなってます
 ここでは、操作法やモデリング基礎に関しては、全部すっ飛ばします



【序章】 P6

ここではメタセコイア4の特徴がいろいろ書いてあります
自分の場合、普通に起動できたのでいままで意識しませんでしたが、「動作環境」にいろいろ制限がありそうです
PCのグラフィックボードが古いとダメかもしれません
特に昔のノートを使ってる人は要注意です

購入する前に、体験版で動作確認することをおススメします


【基礎編】

20150324テキスト_01 



▼メタセコイア4 画面の見方 P8

通常「鳥観図:バードビュー」で“お絵描き”していきます

画面・上部中央に画面切り替えスイッチ(田⇔口)があって、“田”を押すと、画面が4分割され、
バードビュー・真上から・横から・正面からといった感じになります(4画面でリアルタイムに作業可能)

ビューを選択して拡大化すると一画面になります


①モード切替  【使用頻度☆☆☆☆☆】

右上のプルダウンスイッチで、「初心者モード」「文字」「アイコン」「マッピング」を選択できます

ここは、「文字」か「アイコン」がおススメです


②コマンドパネル 【使用頻度★★★★★】 \_(・ω・`)ココ重要!

これが一番よく使うパネル
錬度が上がると全てのコマンドを使うようになりますが、初心者は10個位しか使いません
少ないのですぐに覚えられます


③サブパネル
 【使用頻度☆☆☆☆☆】

細密なモデルを作ってる場合、大量のポリゴンを指定する場合があります
その場合このサブパネルが重宝します
初心者はサブパネルは無視してかまいません


④メニューバー 【使用頻度★☆☆☆☆】

オブジェクトを保存する時などに使います
他にも使用するコマンドが分からないとき、ここを起点に現状打破します
初心者は、困った場合はここから掘り下げるといいです


⑤ステータスバー 【使用頻度☆☆☆☆☆】

コマンド選択時に、対応するショートカットキーやメモが表示されます
あまり意識しなくていいです


⑥3D画面 【使用頻度★☆☆☆☆】

作業効率を上げるための視覚効果変更のメニューです
これを使いこなせるようになると、作業が楽しくなります


⑦オブジェクトパネル 【使用頻度★★★★★】 \_(・ω・`)ココ重要!

フォトショップでいう“レイヤー”に相当します
パーツごとにレイヤーを分けると、そのパーツが他のプロジェクトにもそのまま流用できるので、なにかと便利です
失敗を重ねて皆 大人になります


⑧材質パネル 【使用頻度★★★★☆】 \_(・ω・`)ココ重要!

初めてモデラを使う人にとっては、未知の概念になります
モデラのポリゴンには「材質」という属性が与えられていて、色・環境色・反射色・UVマップなどが一括制御できるようになってます
例えば、『指定の着衣(材質)を透過』ができます(←悪用禁止)
リカバリが簡単なので、失敗は気にせずにいきましょう


▼サンプルデータで操作してみる P10

20150324テキスト_02 
サンプルデータを画面に表示させて、前項を一通りやってみます
なんの考え無しにいろいろいじってみることをススメマス
一度やれば、ほぼマスターできます


▼ポリゴンとは? P12

オブジェクトを構成する面の最小単位です
基本は“三角形” (四角形・5角形も使えるようになってます)
材質が指定(あるいは変更された)されてる場合、作られるポリゴンにはその材質が自動的に割り当てられます(←材質を後から変更する事も可能です)
「押し出し」などのコマンドで連続するポリゴンを作ったり、「ナイフ」などのコマンドでポリゴンを分割することもできます

自分は(経験的に)、平面・二次曲面なら四角形ポリゴン、三次曲面なら三角形ポリゴンを使うようにしています

あと、初心者ほど「ポリゴンが多いほど精密なモデル」という認識を持ちやすいですが、これは誤りです
例えば、平面であれば、4頂点あればOKです(←増やすとかえって演算誤差で平面に微妙な揺らぎが生じたり、テクスチャ貼りで歪みが生じたりする)
三次曲面でも、頂点が300も500もあっては、もう手動調整ではなだらかな曲面にはできなくなります(←モデリングの最後、演算によって頂点数を増やす方法が一般的)

よりシンプルなモデリングを心がけることが、結果的に微細で精巧なモデルつながります


▼基本図形の作成 P13 【使用頻度☆☆☆☆☆】

はじめのうちは、ポリゴンをひとつひとつ作ったほうが楽しいです
ですが、そのうちに、「真球」や「正確な直方体・錐体・柱」を迫られるシーンに出くわします
そのときに「基本図形の作成」が重宝します(←必要に迫られたときに覚えればいい機能です)

▼オブジェクト P16 【使用頻度★★★★★】\(・ω・`)ココ重要!

フォトショップでいう「レイヤー」に相当
レイヤーごとにポリゴンのアルゴリズムやレンダリング(グラフィック演算)を設定できます


コメントの投稿

非公開コメント

■スポンサー
■ロボット通販


■カウンター
カウンタ → 

現在の閲覧者数 → 
■更新履歴
07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■サーボノイドあいたん
■カテゴリ
■ロビ
▼サイト内検索
■最新コメント
■ショートカット
▼ヴィストン楽天ショップ
■関連リンク
▼エンジョイ工業(ブログ)
専門用語をあまり使わない初心者に優しいロボゼロ関連サイト。電気回路の基礎はここで学びました
▼ROBOMIC(ブログ)
ロボゼロフリークにとって絶対的存在ソフトウェア神の運営するブログです。降臨が続く限りロボゼロの進化は止まりません
▼ぱぱっちの私事
ロボゼロ進化のお手本がここにあります。
他の追随をゆるさない完成されたデザインが圧巻です
▼デアゴ掲示板
ロボゼロの掲示板
カコキには登録が必要

▼2ch掲示板
ロボゼロの掲示板
希に重要な情報あり

▼デアゴ特設ページ
ロボゼロWebサイト

▼JO-ZERO Type2
ロボゼロの兄弟機種
同一のコンポーネントのロボット

月別アーカイブ
ヤフーショップ