スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■冷却ファン その1

▼コントロールボードの冷却について

ロボゼロのコントロールボードが収まるケースは、デフォルトでは“ケース”というより“カゴ”に近く、
基板が“モロ出し”に近い空冷性能です

『リチウムポリマーバッテリー(リポと呼ぶらしい)を20分で使い切る』ことを考えると、その発熱量はかなりのもの??
・・・と考えると、コントロールボードのケースが穴だらけなのは必然と考えられます

実際の発熱は、どれほどのものか、、
ロボットを作ったことがないので見当がつきません


▼サーボノイドあいたんの放熱性能

コントロールボードがヘッド内に収納されるので、
サーボノイドあいたんの冷却性能はデフォルトに劣ります

大事を取って、ヘッドにファンをつけて強制外気導入します
熱気で、フェイスやヘアーのプラ板が『板』に戻っては困るので・・・



▼冷却機材のチョイス

電気効率を良くしたいので、規定電圧である7.4Vで動くファンを2基用意します
(ない場合は、3.7V用ファンを直列で仕様)

20110717XERO耳01
▲材料が届いた

▼ファンは、ネット通販で購入しました
ラジコン用のファンみたいです
(探すのめちゃくちゃ苦労した)

スペック
直径30mm
7.4V
軽量


▼ファンケースは100均で入手

スペック
直径32mm
アルミ

当初はアルミパイプのエンドキャップを探してましたがどこにもなく、、結局偶然発見した自転車ベルで妥協です




20110717XERO耳02
▲加工終了

自転車ベルがアルミ製で柔らかいため、万力で固定することができませんでした
結局、素手でもったままボール盤のドリルに押し当てる事態に・・・

ナガト>・・・危機が迫るとしたら まず“手”

・・・穴あけ中に、、ドリルの刃先がアルミに食い込み、手からこぼれ、ドリルの刃といっしょに回転し、大暴れ、、、
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

2つのベルの加工が終わったときには両手ともボロボロに、、、、

しかし、旋盤を使うときに安全対策で軍手を使うと逆にヤバイです
指がもげそうになった人→ q(゚∀゚)p<うるちゃい


20110717XERO耳03
▲仮組み

まぁまぁイメージどおりです
細かなデティールとか色とかはまだ考えてません
全体の進み具合を見ながら考えていきます


≪メモ≫

パーツ入手ですが、“ラジコン”というおもちゃカテゴリーをはじめて知りました
クルマにしろ、飛行機にしろ、船にしろ、ヘリコプターにしろ、、ときかく“リアル”“精巧”“性能”を目指している人が集うカテゴリーなので、パーツのバリエーションと数がハンパないです!

自作しようと思っていたバーツが、既製品として出ている場合もしばしばあります
あなどれないのはその“強度”と“耐久性”です
汎用でない(特殊な)パーツは、店のデッドストックになっているものも多く、在庫整理のため破格で投売りされている場合もあります


 ← 刃数が多いので回転時の遠心力が安定してボール盤が静かです 反面、刃が多いため、半径が大きいとボール盤がパワー負けします


【続く・・】

コメントの投稿

非公開コメント

■スポンサー
■ロボット通販


■カウンター
カウンタ → 

現在の閲覧者数 → 
■更新履歴
06 ≪ 2017/07 ≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■サーボノイドあいたん
■カテゴリ
■ロビ
▼サイト内検索
■最新コメント
■ショートカット
▼ヴィストン楽天ショップ
■関連リンク
▼エンジョイ工業(ブログ)
専門用語をあまり使わない初心者に優しいロボゼロ関連サイト。電気回路の基礎はここで学びました
▼ROBOMIC(ブログ)
ロボゼロフリークにとって絶対的存在ソフトウェア神の運営するブログです。降臨が続く限りロボゼロの進化は止まりません
▼ぱぱっちの私事
ロボゼロ進化のお手本がここにあります。
他の追随をゆるさない完成されたデザインが圧巻です
▼デアゴ掲示板
ロボゼロの掲示板
カコキには登録が必要

▼2ch掲示板
ロボゼロの掲示板
希に重要な情報あり

▼デアゴ特設ページ
ロボゼロWebサイト

▼JO-ZERO Type2
ロボゼロの兄弟機種
同一のコンポーネントのロボット

月別アーカイブ
ヤフーショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。